会社情報Company Infomation

ホーム >  会社情報  >  沿革

沿革

エヌジェイグループでは、持株会社体制の下、ゲームの開発・運営、技術者人材の紹介・派遣、携帯電話の販売等の事業を行っております。

当社グループは、携帯電話の急速な普及とともにその販売事業を主力にIT関連企業として成長してきましたが、携帯電話が普及し市場が成熟を迎えるなか、iPhoneの登場により、急速にスマートフォンが広まり、新たなマーケットが創出され、ネイティブゲーム市場などが大きく成長しており、また、労働者市場では、緩やかに景気が回復するなか、少子化や人口減少により、人材ニーズがあらゆる業界で高まっております。

当社グループは、このような事業環境の変化を次の成長機会としてキャッチアップするため、事業ポートフォリオの大胆な見直しを行いました。

ゲーム事業分野と人材ソリューション分野において、柔軟な発想と独自の事業戦略により新たな収益モデルの創造に挑戦しております。飽くなきマインドで心地よいクオリティを追求し、次の成長曲線と収益力の向上を実現してまいります。

1991年12月
京都市中京区に土地活用に関する総合コンサルティングを事業目的とする株式会社新都市科学研究所として資本金20,000千円で設立。
1995年11月
ディーディーアイ関西ポケット電話株式会社(現ソフトバンク株式会社)と一次代理店契約を締結し、移動体通信事業を開始。
1996年 4月
エヌ・ティ・ティ関西移動通信網株式会社(現株式会社NTTドコモ)と一次代理店契約を締結し、移動体通信機器事業への本格的な展開を開始。
1996年 4月
移動体通信端末販売会社 株式会社インターベルを設立。
1996年 5月
京都府京都市上京区に当社ドコモショップ1号店となるドコモショップ河原町丸太町店を設置。
1996年 8月
株式会社インターベルが関西セルラー電話株式会社(現KDDI株式会社)と一次代理店契約を締結。
1997年 2月
東京都渋谷区に東京支社を開設し首都圏に進出。
1997年 3月
商号を「株式会社ネプ口ジャパン」に変更。
1998年 7月
東京都世田谷区三軒茶屋に東京支社を移転し、ドコモショップ三軒茶屋店を設置。
1999年 2月
株式会社インターベルが日本移動通信株式会社(現KDDI株式会社)と一次代理店契約を締結。
1999年 6月
株式会社インターベルが株式会社東京デジタルホン(現ソフトバンク株式会社)と一次代理店契約を締結。
2000年 1月
株式会社インターベルが株式会社ツーカーセルラー東京(現KDDI株式会社)と一次代理店契約を締結。
2000年 1月
資本金を80,000千円に増資。
2000年 2月
資本金を320,000千円に増資。
2000年 3月
資本金を401,075千円に増資。
2000年 3月
東京都中央区に本社を移転。
2000年 7月
株式会社インターベルが群馬県伊勢崎氏市に郊外型併売店1号店となるダ・カーポ伊勢崎店を設置し、北関東での営業展開を開始。
2000年 8月
愛知県名古屋市にドコモモール名東八前店を設置し、東海地区に進出。
2002年10月
株式会社インターベルがジェイフォン関西株式会社(現ソフトバンク株式会社)及びジェイフォン東日本株式会社(現ソフトバンク株式会社)と一次代理店契約を締結。
2004年 4月
株式会社インターベルを吸収合併。
2004年12月
東京都中央区八重洲に本社を移転。
2006年 4月
当社株式をジャスダック証券取引所に上場。
2006年 8月
東京都中央区京橋に本社を移転。
2007年 3月
人材派遣を事業目的とする株式会社ネプ口サービス(後に株式会社シーズプロモーションに商号変更)を設立。
2010年 3月
移動体通信事業併売店部門を会社分割し、株式会社キャリアフリーを設立。
2010年 4月
連結子会社である株式会社キャリアフリーが光通信グループより携帯電話併売店23店舗の事業を譲受け。
2010年 4月
ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)に株式を上場。
2010年10月
大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場。
2011年 9月
株式会社ゲームスタジオ(旧株式会社モバイル&ゲームスタジオ)の株式を100%取得し、連結子会社化。
2013年 7月
大阪証券取引所と東京証券取引所の現物市場統合に伴い、東京証券取引所(JASDAQ市場)に株式を上場。
2014年 4月
単独新設分割の方式により、株式会社ネプ口モバイル関東、株式会社ネプ口モバイル東海、株式会社ネプ口モバイル関西及び株式会社ネプ口クリエイトを新設し、持株会社体制へ移行。
2014年12月
株式会社ネプ口モバイル関東、株式会社ネプ口モバイル東海及び株式会社ネプ口モバイル関西の全株式を株式会社ラネットに譲渡。
2015年 1月
PANACHE(パナッシュ)スタッフィング事業を株式会社EPコンサルティングサービスより株式会社シーズプロモーションが譲受。
2015年 3月
株式会社トライエースの株式を68.9%取得し、連結子会社化。
2015年 9月
株式会社トーテックの発行済株式67.0%を取得し、連結子会社化。
2015年12月
東京都港区に本社を移転。
2015年12月
商号を「株式会社エヌジェイホールディングス」に変更。
2016年 1月
株式会社シェードの株式を51.3%取得し、連結子会社化。
2016年 6月
株式会社トーテックを存続会社として、株式会社シーズプロモーションと吸収合併
2017年 4月
株式会社ネプロクリエイトを存続会社として、株式会社キャリアフリーと吸収合併
2017年 5月
株式会社ブーム(旧ブーム社)のスポンサー候補となるため、株式会社ブーム(新生ブーム社)を設立。
2017年 6月
株式会社ブーム(旧ブーム社)の事業再生支援に伴い、同社事業を株式会社ブーム(新生ブーム社)が譲受。
2017年 9月
株式会社シェードの全保有株式を譲渡。
2017年12月
ゲーム運営のカスタマーサポート事業を行う株式会社ウィットワンを設立。
2018年 7月
DELTA Holdings株式会社との資本業務提携のため、株式会社トーテックの株式の70.0%を譲渡。